ブラック企業の真相を探る

脱出するにはどうしたらいい?

今まさに自分も試みていることですが、
ブラック企業から脱するためにはどうすればよいでしょうか。

今の会社を辞めたいと考えた時に自分はまず、
とりあえずどこかに就職、
という安易な気持ちを持ってしまいました。

不況の昨今とは言え手当たり次第に
求職活動をすれば自分でも雇ってくれるのでは
ないだろうかと甘い考えでした。

抜け出せずに苦しんでいる人が多い。

しかし、いざ転職活動をしてみると
その考え方に違和感を覚えたのです。

求人を眺めていると本気で就職したい
と思えるような会社はなかったのです。

特に自分のような危機感が足りない
人間が転職活動を行うとどうしても
このようなだらりとした求職活動になってしまいます。

だんだんと求職活動に嫌気がさし始めました。

今の会社でだらだらと生きていけば
よいのではないかとさえ思うようになったのです。

ですが、やはり毎日の惨状を目にすると
脱出したいと考えるのです。

なぜ、このような悪循環を繰り返すのか。

そこに至った原因は自分がやはり窮地にいる
という自覚がないからであると自分は気が付きました。

今の会社にいることは自分にはよいことではない
という自覚があまりにも薄かったのです。

それに気がついた私はまず自分の考えを変えました。

ブラック企業に在籍しているということは
自分自身にもどこか怠惰な心があったからであり、
今までの惰性のツケを今こそ払うべきではないかと。

よくよく見てみると今の会社に在籍している
社員の中で辞めない人たちは幹部に迎合する人たちか
主体性のない人たちばかりでした。

あまり主体性があり過ぎるのも問題ですが、
その人たちは自分の意見というものを
全く持ち合わせていないかのような振る舞いだったのです。

そして、親睦会等では鬱々と愚痴を垂れ流すだけ。

ブラック企業を脱出することは
簡単であると自分は思います。

今の自分を変える一歩を踏み出す気持ちを持つこと、
自分はこれがブラック企業から脱する第一歩であると思っています。

ブラック企業から抜け出せるかは自分次第!

転職先や資格を取得するということは
その次に行うべきことであると思います。

なぜなら、惰性の心を持ったまま転職先を
考えても同じようなブラック企業にぶつかる可能性があるし、
資格取得を思っても長続きしないからです。

ここで踏ん張らなければいつ踏ん張るのだ、
そう言い聞かせて自分はブラック企業からの脱却を目指しています。

Copyright(c) ブラック企業の真相を探る